2008y03m15d_235653562.jpg

クラブヘッドが走る感覚

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
クラブヘッドが走る感覚について少し語らして頂きます。

■クラブヘッドが走るとは
簡単に言えばヘッドが瞬間的に加速するような動きを感じる感覚とでもいいましょうか。もっと詳しくいうと、インパクトでの手首の返しによりインパクトの前後にヘッドが伸びやかに加速する感覚です。

■クラブヘッドが走る感覚とヘッドスピードの関係
ヘッドスピードを上げる要素はいくつかあります。クラブヘッドが走る感覚をつかんでいる人はインパクト付近でのヘッドスピードが最速になっているはずです。

飛ばすためには、ヘッドスピードが必要です。しかし闇雲に力を入れてもダメです。早く振ろうとしてヘッドスピードを上げようと必死になってもクラブヘッドが走っていなければボールは飛びません。逆に体全体でゆっくりしたタイミングでスイングできればインパクトでのクラブヘッドは走りヘッドスピードは自然と速くなります。

■クラブヘッドを走らせヘッドスピードをあげるコツとは
趣味ゴルファーのレベルの人でも簡単にできて割りと効果が高いといわれている方法はクラブを2本か3本まとめて持って素振りをする方法があります。この方法のメリットは特別なゴルフ器具を購入することなくすぐに始められる点です。

クラブを2本か3本まとめて持って素振りをする方法の期待できる効果はクラブを2本か3本まとめて持っているので手先で振ることができず体全体を使うスイングを覚えることが出来る。クラブの重みを利用するスイングを感覚でおぼえ自然に体重移動をマスター出来る点です。

■クラブヘッドが走る感覚の確認
クラブヘッドが走る感覚を確認するにはインパクト付近の風を切る音に注意してください。一般的にボールに最高の衝撃を加えられている状態のときは風を切る音がインパクト以降に鳴るといわれています。

早く振ろうとしてヘッドスピードを上げようと必死になってもクラブヘッドが走っていなければボールは飛びません。基本の動作はゴルフの飛距離アップにとても大切ですが、こういったクラブヘッドが走る感覚を常日頃から意識することも大切だと思います。ぜひ頑張ってください。

手打ちや上体だけで打ちにいこうとする人や左下半身のリードがない人は最後までホースを振り切れないので、自然にボディターンが身に付きます。クラブが寝て、ダウンスイングする人は、クラブが常に立つ感覚が分かり、インサイドインの正しい軌道のスイングプレーンが分かります。トップオブスイングでグリップエンドから降ろすイメージが掴めます。

ショートアイアンを得意の分野に

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
ショートアイアンについて少し語らして頂きます。

ショートアイアンとは、一般的には7,8,9番アイアンの事を指すようです。7番アイアンからウェッジまでの短いアイアンをまとめてショートアイアン言う場合もあります。グリーンを狙う番手ですが意外と苦手意識を持つ人が多いようです。

2008y05m15d_224605046.jpgアイアンショットの正確な打ち方をマスターできれば、ゴルフはもっと戦略的にプレーができるとも言われています。趣味ゴルファーのレベルでもホールごとに組み立てを考えながらプレーできるようにショートアイアンを自分の得意の分野にしてしまいましょう。

■ショートアイアンの特徴
ショートアイアンはクラブの長さが短いので振りやすいのと、ロフトが大きいので、ボールが上がりやすい。ロング・アイアンやミドル・アイアンよりもクラブヘッドの形が大きく丸くなっている。

■ショートアイアンの練習時の注意点
練習ではうまく出来ていても実際のラウンドでは思い通りにショット事が多いです。これはラウンド経験の少ない初心者の人に多いのですが芝の違いが大きな原因です。人工芝ではたとえ多少ダフリ気味にクラブが入ったとしてもソールが滑ってくれるからボールをとらえてくれます。

しかし自然の芝では多少のダフリが如実にショットにあらわれてしまいます。コースではダウンスイングで一番最初にクラブが接するのは地面じゃなくボールでなければいけないのです。

ショートアイアンはシャフトが短いため、縦に振るイメージが強くなりますので一番最初にクラブが接するポイントを意識しながら練習に取り組む事が効果的です。

■ショートアイアンのスイングの基本
ショートアイアンはもともと引っ掛け易いクラブだと言われていますので左手首の角度をスイング中にキープすることがポイントです。フォローでヘッドを外側に出すとフェースが急激に返って引っ掛けてしまいます。

割と初心者の方でも易しく実践できるのが手・腕・肩の三角形をくずさないスイングです。これはショートアイアンを正確に安定させる方法です。まずアドレスで出来ている手・腕・肩の三角形をくずさないように意識することです。

あくまでそういうイメージであるということですが、ヘッド真っ直ぐ後ろに引く感覚を持つ事と常にグリップと体が正面に保たれた感覚を身につけましょう。バックスイングからフィニッシュまで一連の流れの中でコレを意識してスイングの練習を行なうことがポイントです。


自然の芝では多少のダフリが如実にショットにあらわれてしまいますので自己採点でダフリの感覚を辛めに設定して効果的な練習をしましょうね。

関連ワード
アイアン
 

ヘッドスピードを生かすコツ

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
ゴルフの飛距離について少し語らして頂きます。

ゴルフの飛距離はボールの飛距離が10ヤード伸びるだけで、今までとは別次元の面白さがありますといわれています。しかし、ゴルフの飛距離に関しては誤解を持った人が多いとも言われています。

それは、ボールの飛距離を決めるのは、ヘッドスピードだけではないと言う事を意外と知らない人が多いからです。ヘッドスピードが、速ければ、もちろん飛距離はでますが、ロフトが最適でないと、そのヘッドスピードを生かすことができないのです。これは以前気持ちよく振りぬけるドライバー技術の項目で説明させてもらいました。

今回はドライバーのロフト以外にも重要な効率のいいインパクトについて少し解説させてもらいます。効率よくボールに力を加えるにはクラブのヘッドが地面と点で接触するような感じではいけません。あくまでイメージですがボールには、真横からしっかりと力を伝える。感覚を持つことが重要なのです。実際のボールの前後にボール3個分ずつぐらいたてに並んでいるような感じでイメージしそれをすべてなぎ飛ばすような感覚でスイングすることです。

あなたが趣味ゴルファーのレベルなら自分なりのヘッドスピードでかまいません。最適のポイントと軌道でクラブを使いこなせれば気持ちよくボールは飛んでくれます。

2008y04m09d_232824958.jpg
つまり加速しながらインパクトするクラブの使い方を覚えるイメージを意識的に持った練習が必要です。フェースの芯でボールをとらえることができるようになれば飛距離をアップさせることはできます。

理論はわかるがイメージがわかないと思いますのでこちらの無料情報で確認してください。画像をたくさん使って目で見てわかるように編集されています。

無料レポート
超高効率インパクトで飛ぶ!あなたの飛距離を最大にする3つの大原則
女子プロゴルファーが飛ぶのは、ヘッドスピードが速いからではありません。飛ばすためのインパクトを公開します!

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるゴルフ情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。



参考サイト
石川遼のスイング分析

スイングの基本を考える

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。今回ドライバーとアイアンのスイングについて少し語らして頂きます。

これまで何回かこういった話を取り上げては解説していますが、基本的にアイアンとドライバーのスイングは同じです。厳密に言うとドライバーとアイアンはシャフトの長さも重さも特性も違いますのでまったく同じスイングを再現するということは難しいのが現実です。

■ドライバーの難しいのはなぜか
アイアンとドライバーの違いはボールをヒットするポイントだけです。アイアンはそこそこ得意な人でもドライバーはまったく安定せずにスコアにバラつきがある人も多いようです。

ゴルフのスイング(ブロー)には大きく分けて3種類程の分類があります。
・スイング中のクラブの最下点でボールをとらえる場合はレベルブロー
・スイング中のクラブの最下点を過ぎてボールをとらえる場合はアッパーブロー
・スイング中のクラブの最下点の手前でボールをとらえる場合はダウンブロー
となります。

上のインパクトポイントでドライバーのショットの一般的なスイングはアッパーブローと言われています。

アイアンとドライバーのスイング自体は同じですのでクラブの種類やボール位置などによってインパクト時のヘッドの入り方に変化をつけるのが一般的です。ドライバーの場合はアッパーブローに打つことで本来の飛距離とドライバーの性能をフルに使うことが出来るのでボールのセットアップの位置を変えるのです。左足側よりに、それも高くティーアップした所にボールを置いてあげるわけです。

ドライバーを苦手とする人はこの左側よりによったボールに身体全体がつっ込んでしまう事が一番の原因なのです。

■ドライバーの苦手意識の克服には
一番簡単に実践できて効果があるとされる方法は身体の正面にボールを置いたイメージでドライバーのスイングをすることです。具体的にはスタンスの中心に架空のボールを頭の中でイメージします。その架空のボールをショットする感覚でドライバーのスイングをすることです。これは先程解説させていただいた、左側よりによったボールに身体全体がつっ込んでしまう現象を改善することが狙いです。

ドライバーのスイング改善で一番危険な方法はやみくもに自己流で改善しようとすることなのです。手首をこねてボールをとらえにいっては変なクセが付くばかりです。

スライスになったかと思うと強烈なフックになったり、力のない浮き上がりボールが連発したかと思うとロフトが立ってゴロゴロボールになったり、症状は改善するどころかひどくなります。練習場で握力があるうちは手首でこねてもうまく飛ぶかもしれません。しかし、少し疲れてくるとドライバーの球筋が安定しない人も要注意です。

スコアメイクから考えるとドライバーよりもアプローチやパターの練習をするほうがずっと有効です。しかし、趣味ゴルフならばなおさら気持ちよくドライバーも打ちたいものですよね。頑張ってください。

気持ちよく振りぬけるドライバー技術

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。自分にぴったりあったクラブを選ぶ基準について少し語りたいと思います。

ゴルフが上達する為には色々な要素があります。
■自分にあった道具を見つける。
■効果的な練習を反復する。
■上手くいった時のイメージを忘れずに自分なりの感覚を作る。

この中から趣味ゴルファーレベルの人が一番悩みやすいのが自分にあった道具選びではないでしょうか。特にドライバーに関しては迷いを持っているゴルファーの方は多い傾向にあります。

ドライバーはティーグランドからの第一打に一番使う頻度があり、ドライバーの調子の良し悪しがその日のスコアを左右すると言っても過言ではないでしょう。自分にあったドライバー選びが成功すると飛距離がアップしたりスコアに安定感がでたりします。まずはゴルフショップなどで自分のヘッドスピードを測ってもらう事をオススメします。

自分のヘッドスピードを知ることで最適なドライバーのロフトが探せるのです。いきつけのゴルフショップが親切に相談に乗ってくれるところなら色々と質問すれば明確な回答を得られるかもしれません。

流行や口コミでクラブを選ぶこともいいかもしれませんが、一人一人体格やパワーやスイングのスピードも違います。きちんと自分に合ったクラブを選択することも大切なのです。

ゴルフはある程度上達してくると飛距離を求める気持ちがムクムクと沸いてくるものです。自分にあったドライバー選びからスタートして効果のある練習を反復して気持ちよく振りぬけるドライバー技術をマスターしてみてください。
無料情報も掲載しておきますのでよかったら参考にしてみてください。

2008y03m29d_011812468.jpg
無料レポート
アオイ式ゴルフ上達術「ドライバーの飛距離を伸ばす5つの智慧」
今のスイングを変えないでドライバーの飛距離を伸ばす簡単な5つの方法とは?

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるゴルフ情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。


参考サイト
石川遼のスイング分析

スイングの基本的な動き・動作について少し解説したいと思います。

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
スイングの基本的な動き・動作について少し解説したいと思います。

ゴルフのクラブはやみくもに振り回しても駄目です。力任せにするとボールに上手くヒットしてくれません。毎回力いっぱいスイングして方向が定まらず、ボールの行き先はその日の調子次第、では実際のラウンドでは戦略も練ることが出来ず、スコアメイクもできません。

ゴルフのスイングは基本があります。スイングの基本が出来ていないともちろん番手にあった飛距離がでません。しかしそれだけではありません。伸びがない球になったり途中で失速してしまう球になったりしてしまします。練習場でも、うまい人の球筋は少し見ただけでも違いがわかると思います。

こういった現象を経験しておられる趣味ゴルフの方も多いのではないでしょうか?

それだけではありません。そういった事柄にうなずいてしまった人のほとんどは、ロングアイアンが打てない、スピンの効いた球が打てないといった連鎖的現象も経験しているのではないでしょうか?クラブは最適な方法でスイングできればきれいな球筋が出るように設計されています。要は、いかにクラブの性能を発揮できるかがポイントなのです。

伸びがない球になったり途中で失速してしまう球になったりしてしましまう人や、ロングアイアンが打てない、スピンの効いた球が打てないといった人の原因のほとんどがヘッドスピード不足によるモノだということをまず知ってください。
2008y03m25d_224540609.jpg

ヘッドスピードがあがればロングアイアンでは球が上がらないのがうそのように解消されたり、ターフがとれるような目の覚めるショットが打てたりします。また、フェアウェイから打てなかったウッドが気持ちよく打てたり、フェアウェイウッドでは、球が上がらないといった悩みが解消されたりします。

とにかくゴルフの基本中の基本であるヘッドスピードのアップを考えて練習をしてみてください。

今回は、ヘッドスピードが上がらない人はどのようなスイングなのかを検証してあり、なおかつ超効率的なヘッドスピードアップ練習法が紹介された情報を探してきました。気になる人は目を通してみてください。最終的にはバックスピンで戻ってくるような球を打つ事を目指すことも可能です。頑張ってみてください。

無料レポート
必ずヘッドスピードが上がる即効性のある方法
あなたは、必ずヘッドスピードが上がり、そして直ぐにその効果が体験できる そんな「スイングのドリルが実在する」という事をご存知ですか? 今すぐに体感できます 一度、試されてはいかがでしょう 特に中・上級者で大きな効果 結果が出ています

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるゴルフ情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。

出来ていますか?フックとスライスの打ち方

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。

ゴルフの基礎知識 “フックとスライスの打ち方”を学び「ドローとフェード」を自分のもち球にしよう についてお話しさせて頂きたいと思います。

スライスに悩む多くの人が意外とグリップを見直して正しい握り方を練習するだけで改善されることも多いと言われています。

グリップには形と角度の組み合わせで本当に多彩です。それぞれ個人の特徴を反映した組み合わせを選択できるようにおさらいしてみましょう。

形はオーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップ、ベースボールグリップ。

角度はウィークグリップ、ストロンググリップに分けられます。

今回はグリップについてのゴルフ上達の無料情報を紹介させていただきます。意外と軽視されがちなグリップの説明やグリップの種類の紹介から始まります。

グリップの種類って結構あります。自分に合ったグリップを選ぶためにグリップの種類についての知識が書いてあります。そして、フックを打つ時のアドレスの方法や手の位置とスイング軌道などの身体全体の動きにについて詳しく記された無料情報です。
2008y03m20d_223833187.jpg 

無料レポート
“フックとスライスの打ち方”を学び 「ドローとフェード」を自分のもち球にしよう
ボールを真っ直ぐ飛ばすには、フックとスライスが打てないと実現できません たとえ打てたとしても、自力で打ったとはいえないでしょう ボールを自在にコントロールするには、先ずスライスとフックを意図的に打ち分けることができて、はじめて真っ直ぐの球が打てたことになるのですこれであなたにも、打てるようになりますよ。


※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるゴルフ情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。

2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。