2008y03m15d_235653562.jpg

ダウンブローの理解を深める

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。今回ドライバーのスイングについて少し語らして頂きます。

最近のスイングの基本は以下のように言われることが多くなっているようです。

・ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトする。
・アイアンショットは、ダウンブローにインパクトする。

これは初心者の人には間違った解釈を植えつける要因になっているとも言われています。

■ドライバーは本当の意味でアッパースイングが基本なのか
ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトするのが基本です。これは最近のドライバーの特性からもおそらくは正しい認識だと思います。

しかし、ここでいうアッパーブローとは俗に言うすくい上げるように打つことを意味しているのではないのです。本来、アッパーブローとはスイング中のクラブの最下点を過ぎてボールをとらえる動きを指しているのです。ドライバーはティーアップしたボールをアッパーブローにインパクトすることによって、ボールのバックスピン量を抑え飛距離を稼ぐことが、今の認識では正しいのは事実だと思いますが…。

■ドライバーはアッパーブローという固定観念
アイアンでのショットはそこそこ気持ちよく振る抜ける感じはつかめているが、ドライバーがいまいち自分のスイングで打てないという人はまず固定概念からの脱却が必要かもしれません。

近年の、ドライバーの大型ヘッド化と高いティーアップができるドライバーショットでは右足に体重を残したままアッパーブローで十分打てるようになりました。しかし、クラブが変わるたびにスイングを変えていて本当に自分の満足いくスイングができる人はどれくらいいるでしょうか?これはプロや超上級者でも容易ではないことでしょう。まずはボールをアッパー・ブローで打とうとする意識が強過ぎるために、ダウン・スイングでクラブヘッドが下がり過ぎてしまう様なダフリミスをなくすためにも意識を変えてみてはいかかでしょうか。

■スイングの基本はアイアンもドライバーも同じ
ゴルフ初心者の人はスイングの基本を固めることが先決です。アッパーブローという固定観念にとらわれずボール位置によって自然とインパクトポイントが変わり事が理想です。ドライバーならクラブの最下点を過ぎてボールをとらえる意識でスイングすることです。決してしたから無理にすくいあげることではありません。あくまで、最下点を過ぎた位置にボールをセッティングしているという概念でスイングしてみましょう。

全体的に抽象的な説明ばかりでしたが自分なりにイメージして練習することによって概念を具体化してみてください。

ダウンブローの基本を知る

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。今回はダウンブローについて少し語らして頂きます。

最近のスイングの基本は以下のように言われることが多くなっているようです。
・ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトする。
・アイアンショットは、ダウンブローにインパクトする。
これは初心者の人には間違った解釈を植えつける要因になっているとも言われています。

■スイングの基本知識を理解する
ゴルフの(ブロー)には大きく分けて3種類程の分類があります。
・スイング中のクラブの最下点でボールをとらえる場合はレベルブロー
・スイング中のクラブの最下点を過ぎてボールをとらえる場合はアッパーブロー
・スイング中のクラブの最下点の手前でボールをとらえる場合はダウンブロー
となります

これはクラブによって打ち方を変えることを解説しているのではなく、クラブのスイング中にどのポイントでボールをインパクトするかを説明しているのです。ゴルフ初心者の方の多くがダウンブロー、アッパーブロー、レベルブローという言葉に惑わされている場合が多いのです。

■クラブによって打ち方を変えるべきか
まず、ドライバーやアイアンでインパクトやスイングを変えることを語る前に大きな前提があります。ほとんどのゴルフ初心者は基本スイングが固まっていないことがあげられるのです。また、クラブによって打ち方を変えるといってもプロや超上級者の場合でもスイングやインパクト自体を変えているわけではないことを理解しましょう。ゴルフ初心者の基本的な練習ステップは基本に忠実にスイングを学び徐々に応用範囲を広げていくことが望ましいのです。

■基本スイングは変えないでインパクトに変化をつける
基本スイングが完全に固まっているプロや超上級者の場合でも、クラブの種類やボール位置などによってインパクト時のヘッドの入り方に変化をつけています。 もちろん人によっては、トップポジジョン、スタンス方向、フェース方向、フィニッシュなど様々なスイング要素をその時の判断で組み合わせることによりインパクト時のヘッドの入り方に変化をつけているのです。ここで重要なのは、基本スイング自体は変わらないことです。インパクトに変化をつけることにより結果的に打つ球種を変えているのです。

■初心者ゴルファーのダウンブローへの挑戦
初心者ゴルファーで一番多いスイングはすくい上げるように打つことです。これは大雑把にいえばアッパーに打つ動きと同じ傾向の動きといえます。しかし、ダウンブローのスイングでインパクトするという体の動きというのは大抵の人は練習によって習得するものなのです。直感的に出来る動きでもイメージのみでできるスイングでもありません。

まずは基本スイングをしっかりマスターすることです。それからダウンブローのインパクトの感覚を習得していくようにしましょう。

ダウンブローの解説が図解で詳しく載っていますし、オススメの練習方法も載っています。

ゴルフはどんな技量の人でも楽しめるスポーツです。うまい人はうまい人なりの技術を、そうでない人もゴルフボールを飛ばす喜びや道具を一つひとつそろえる喜びなど、人それぞれです。また、どんなにうまくなっても、ゴルフにいく前の日はワクワクするものです。

ゴルフをよりもっと楽しむ為に、趣味ゴルファーレベルでも次の項目に気になる点が多い方は新しい技をマスターできる向上心がある人です。
■ ランを防ぎ落下地点にボールを止めて、飛距離を安定させることが出来る
■ ボールが高く上がり、止まり易くなる
■ ショットの精度が高くなる
■ 上から下への押し込む動作で、クラブフェースの返りが減り、正確性が増す
■ ボールとフェースの間に噛む芝の量が減るので、距離感が合い易い
■ ダフリの確立が激減する為、ショットが安定する

これらの項目を満たす技は何でしょう?答えはダウンブローです。
ダウンブローとは?という方や、言葉は知っているけどそんなもの自分のゴルフテクニックに縁遠いモノと考えていてはいけません。探せばあるものです。しかも無料のゴルフ情報です。ダウンブローの解説が図解で詳しく載っていますし、ダウンブローをマスターするオススメの練習方法も載っています。特に練習での意識革命という項目は本当にゴルフの練習の意識が変わるはずです。もし趣味ゴルフのレベルでも向上心を持って練習しようと思うのなら一度目を通してみてください。
 
2008y03m22d_223628375.jpg

無料レポート
ダウンブロー完全解明術
ダウンブローがマスターできる。あの憧れの“ダウンブロー” “ターフが飛ぶ”。打ち方の全貌を完全公開! これまでの教本では理解できなかった部分を分かり易く解説! グリーンオンで“ギュ ギュッ”とバックスピン!目の覚めるような爽快感を味わって下さい。ほとんどの方が打てるようになっています。

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるゴルフ情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。


2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。