2008y03m15d_235653562.jpg

ダフリの原因と克服

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
ダフリの原因と克服について少し語らして頂きます。

前回の項目「トップとダフリについて」ではインパクトゾーンを中心にトップとダフリを考えてみました。今回はダフリの原因と克服について見ていきましょう。

■ダフリの原因
 □カットスイング
ダフリの大きな要因の一つはカットスイングです。カットスイングではインパクトのポイントは非常に狭くなります。

 □体重移動が上手くできていない
これはダウンスイングで重心が左に移っていない横の動きを指します。重心を左に移すにはまずバックスイングで右足に体重をのせることが重要です。インパクトで体重が右足に残っているとダフリの原因になります。

 □体が上下に動いてしまっている
初心者レベルのゴルファーの人に一番多い原因だといわれています。ダウンスイングで右肩が下がってしまうことが原因です。

■ダフリの克服には
 □カットスイングの克服
カットスイングの自覚がある方はボールの前後に三個分ぐらいのボールを並べたイメージでショットの練習をしましょう。これはインパクトのポイントを点ではなく線でとらえる目的の練習ですが自分で工夫して色々なアレンジで練習に取り組んでみてください。その際には、手首(特に右手)の角度をキープしたまま体を左方向へしっかり回すようにする事を心がけてください。

 □体重移動の練習
インパクトで体重が右足に残っているスイングを改善しましょう。このときに俗に言う「左の壁」の感覚を忘れないようにしてください。体重移動に関しては「シャンクについて」の項目を参照してください。

 □体が上下することの改善
スイングで体が上下するとスタンスした時の状態とは違う位置にヘッドが下りてきます。このときに右肩が突っ込みクラブがボールの手前に入ってしまうケースがほとんどです。これを改善するには身体を回転させるのではなく、左肩を後ろへ引くイメージでスイングすると割りと簡単に改善されることが多いようです。基本的にはバックスイングでは肩を水平に保つこと。ダウンスイングでも肩を水平に回すことを心掛ける事が重要です。

2008y05m20d_224943453.jpgゴルフは初心者も楽しめるスポーツです。
ゴルフを覚えたての頃はグリーンに上がっても緊張することなくワクワクしながらパットが打てていたのに、上手になるにつれて芝目や傾斜など余計な雑念に支配されてしまう奥の深いスポーツでもあります。
悩んでイライラするよりも壁に向かって頑張りましょう。一つの発見がまた新たなゴルフの魅力の発見になるはずです。

■安定したストレートボールを打つために体重移動を伴った体の回転を覚える練習用具
 ゴルフ スイング ホース
手打ちや上体だけで打ちにいこうとする人や左下半身のリードがない人は最後までホースを振り切れないので、自然にボディターンが身に付きます。クラブが寝て、ダウンスイングする人は、クラブが常に立つ感覚が分かり、インサイドインの正しい軌道のスイングプレーンが分かります。トップオブスイングでグリップエンドから降ろすイメージが掴めます。

トップとダフリの原因とは?

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
トップとダフリについて少し語らして頂きます。

アイアンでトップやダフリに悩む初心者は非常に多いです。アイアンでトップやダフリが多い人のほとんどはカットスイングが原因であることが多いです。トップやダフリの原因を把握するには、まず正しいインパクトのポイントを理解しましょう。

■インパクトゾーンとは
ゴルフにおけるインパクトゾーンとは一般的にクラブのヘッドが最速点に達する前後でそれはイコール、ボールの前後数センチという認識が多いようです。さらにここで重要なのがダウンスイングで一番最初にクラブが接するのは地面じゃなくボールでなければいけないのです。

これは前回の項目「ショートアイアンについて」でも触れました。安定した飛距離と方向性は、安定したインパクトゾーンを保つことから始まるとさえ言われることもあります。ぜひこれからはこのインパクトの瞬間を意識しながらスイングしてみてください。

2008y05m16d_224929937.jpg■インパクトゾーンでの体の動きのイメージ
インパクトゾーンでの体の動きのイメージは体の体重移動が右から左えと移り、左の肩に壁を感じるタイミングです。その際の右手は手首あたりで自然なターンが出来きていなければなりません。

■インパクトゾーンの重要性
ボールがフェースにあたる瞬間の時間はほんのわずかです。このインパクトのほんのわずかな瞬間が実は重要なのです。上手い人のインパクトのポイントは、身体の左側にあるといわれています。しかし初心者であるわれわれのインパクトのポイントは身体の正面であることが多いのです。もっというならインパクトを瞬間の「点」ではなく、軌道上の「線」でとらえることが出来れば最高です。

■正確なインパクトのポイント
先ほどボールを打ってから、地面にクラブが接する事が正しい順序といいましたが一般的におおい「トップ」や「ダフリ」の原因はインパクトポイントがズレていることからくることが多いです。正確なインパクトのポイントが身についている人はスライスの悩みも、ダフリやシャンクのミスヒットも飛距離不足もないと言われています。つまりゴルフの悩みの大部分が解決するのです。

これを考えればカットスイングのゴルファーが何故ダフリやすいのも説明できますね。カットスイングはその打ち方上インパクトゾーンが狭くなるのです。つまりインパクトポイントがズレやすいのです。練習では正しい理解と知識で練習のときにポイントを押さえながら効率よく練習しましょうね。

距離感をつかむ効果的な練習方法

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
アプローチについて少し語らして頂きます。

アプローチとパッティングについては一般的に初心者の方ほど練習不足だといわれています。アプローチの一打もパターの一打も、ティーショットでもドライバーと同じ一打です。とくにアプローチとパッティングはスコアメイクに欠かせない要素ですので時間と労力を惜しまないようにしたいものです。

今回はグリーン周りからのアプローチについて少し詳しく見ていきましょう。

■アプローチのフォームや打ち方
今回はアプローチのフォームや打ち方についてはあえて触れません。なぜなら、初心者レベルのゴルファーはアプローチのフォームや打ち方にあれこれ頭を悩ますよりもまずは感覚を養うことが重要だからです。

■一つのクラブを使いこなす方法
一つのクラブを使いこなす方法は色々あります。例えば、クラブの握る位置を変えてみるだけでも距離は変わってきます。これは打ち方を変えたり振り幅を変えたりしないでできる割と簡単な方法といわれています。自分にあったクラブで、アプローチならこの一本というものをまずは作ってみてください。

■距離感をつかむコツ
距離感をつかむコツはイメージを自分の中でつくる事です。当たり前のことですが意外と正確に出来ている人は少ないのではないでしょうか。ここでいうイメージとは漠然としたものではなく、どのくらいの高さにボールを上げればどれぐらい飛ぶのかというイメージです。

2008y05m13d_231312906.jpg■距離感をつかむ効果的な練習方法
距離感をつかむ効果的な練習方法は、先ほどの項目で述べたイメージに自分の感覚をすり合わせることを意識しながら練習することです。

目標に対してこのくらいの高さでボールを上げればちょうどいいというイメージをつくりそのイメージに対してこのくらいの感覚で打ち込めばイメージ通りの高さになる。という一連の動作を繰り返し練習するのです。そして目標地点にちゃんと落とすことができるかを毎回意識しながら確認するのです。

ただし、毎回違った距離の目標を設定しないとイメージと感覚をすり合わせる練習にならないので注意してくださいね。

100(80)ヤード以内のアプローチならAW?SW?、転がすなら8番?9番?色々悩んだ挙句にオーバーするのが怖くなってしまい結果はショートだった。なんて悔しいですもんね。アプローチでミスしては良いスコアは期待出来ません。なんて言われると余計にプレッシャーがかかってしまいますがアプローチは練習すれば必ず正確な距離感が身についてきますのであきらめず頑張りましょう。

MDT マルチアプローチギア MHG-991
アプローチが苦手な人の救世主


ダウンヒルが難しい原因はなぜ?

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
ダウンヒルについて少し語らして頂きます。

ラウンド慣れしていないゴルフ初心者はゴルフ場で「練習場では上手くいってたのに…」という気持ちでいっぱいになります。なぜでしょう?ゴルフ場では平らなライばかりではありません。ライがショットに与える影響を実感出来ていない事が原因のひとつではないでしょうか。
2008y05m11d_170922734.jpgこれは練習場ではなかなか練習できないことなのです。ちなみにライとはボールのある地点周辺の芝や地形の状況・状態のことです。ボールが止まっている位置や状態のことを指します。

この項目では趣味ゴルファーレベルの人が苦手とする事が多い左足下がりのライ、ダウンヒルからのショットについて詳しく見ていきましょう。

■ダウンヒル(下り傾斜)が難しい原因
斜面だからスイング中、体のバランスを取るのが難しい。
体重移動の感覚がわからない、体重が右足に残りやすい。
立ち方、ボールの位置の感覚がわからない。
この3点がダウンヒル(下り傾斜)が難しい原因とされています。

■ダウンヒルのショット
立ち方は、両膝、両肩の線が斜面と平行になるように立ちボールの位置は、斜面の傾斜が大きくなるほど右寄りになります。
ダウンヒルに限らずアップヒルの時もそうですが、傾斜に対してなるべく垂直に立ち、普通にスイングできる体勢を心がけることが基本でしょう。クラブを短く握り、コンパクトに振る事を心がけることも大切です。

■ダウンヒルの球筋
ダウンヒル(下り傾斜)の場合は、左足下がりのスタンスとなります。球筋は右回転が加わりスライスが出やすくなります。あらかじめ目標より左を狙うようにするのが基本のようです。

また下り傾斜の時は普段のロフト通りの球の高さがでないためボールが上がりにくくなりますので、ロフトよりもボールは低く飛ぶ事を忘れないようにしましょう。

■ダウンヒルのスイング
スタンスをオープンにして、傾斜の低いほうの左足に体重が多目にかかります。目標線に対してアウトサイド・インの軌道となってしまいますが、下り傾斜の場合は、低い球筋とスライスは、さけることができないと考えるほうが気は楽かもしれませんね。

また、両肩、腰、両ひざとも地面に対して平行に構える事を意識しましょう。スイングをして行く方向は、オープンスタンスに沿って自然に行なうことが基本です。さらにトップを防ぐためにバックスイングで早めにヘッドを上げますが、フォロースルーは低くなります。

ダウンヒルではバンカーの時と同じように慣れれば自分なりの感覚が必ず養うことができます。冒頭でも述べましたがラウンド慣れしていないゴルフ初心者はゴルフ場で「練習場では上手くいってたのに…」
という気持ちでいっぱいになります。ゴルフ場では平らなライばかりではないことを想定して練習に取り組んでみてください。

■安定したストレートボールを打つために体重移動を伴った体の回転を覚える練習用具
 ゴルフ スイング ホース
手打ちや上体だけで打ちにいこうとする人や左下半身のリードがない人は最後までホースを振り切れないので、自然にボディターンが身に付きます。クラブが寝て、ダウンスイングする人は、クラブが常に立つ感覚が分かり、インサイドインの正しい軌道のスイングプレーンが分かります。トップオブスイングでグリップエンドから降ろすイメージが掴めます。


なぜ連発?シャンクについて

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
シャンクについて少し語らして頂きます。

シャンクとはインパクトでボールがクラブのネックに当たり、右方向にボールが飛んでゆく現象の事です。シャンクは別名ソケットとも呼ばれています。 これはクラブヘッドとシャフトの接合部分の名称がソケットであることからそのままシャンクのことを指すようになったようです。

さてシャンクはまったくのゴルフど素人ではなくむしろある程度「できる」ようになった人に多いともいわれています。なぜでしょう。これは、色々な説があるようです。それはともかくとして、シャンクは練習熱心で自分なりに色々試行錯誤して頑張りすぎる人に多い傾向にあります。

今回はシャンクの原因とその解決方法について少しみていきましょう。

■シャンクの原因
シャンクはインパクト時に自分のイメージよりもヘッドがボール側にずれているので起こります。以下の項目をチェックしてみて下さい。

 □右足から左足への体重移動ができているか
 □インパクトの瞬間、腰をつっこみすぎていないか
 □アドレスでボールに近づきすぎていないか
 □アドレスでの体重配分が正しく出来ているか

シャンクは一度起こりだすと連鎖的に起こりやすいミスショットです。これは基本的な事柄が根本的に間違っていてそれがある時に重なってついに表に現われだした結果だといわれています。
何か新しい打ち方をマスターしようとしたらシャンクが出てとまらなくなった。
ラウンドの最中でここ一番のショットからおかしくなった。
など、今までかろうじてバランスが取れていたスイングの歯車がくるってしまった事から始まる可能性が強いと思います。ではシャンクの解決方法について見ていきましょう。

■シャンクの解決方法
シャンクはインパクト時に自分のイメージよりもヘッドがボール側にずれているので起こります。シャンクの原因でチェックした項目を改善していきましょう。

 □右足から左足への体重移動
体重移動の確認をしてみましょう。ボールの位置は基本どおりとして右足に体重をかけながらバックスイングしてみます。そしてそのまま左足に体重を移動させながらダウンスイングする感覚を練習してみましょう。右ひざが前に出てしまうのはNGです。右ひざはボールに向かうのではなく、左ひざ方向へ向かう意識を心がけてください。

 □インパクトの瞬間の体のブレはないか
シャンクの原因は体の一部がアドレスした位置より前に出るから発生します。スイング時に両脇があいている場合もこれにあたります。無意識に体の近くに引きつけたスイングを心がけてください。体の回転の軸を意識しながらスムーズに打つことをイメージします。ダウンブローなどの練習をしすぎてダウンブローに打ち込む意識が強すぎ、手打ち気味になってしまっていることも考えられます。

□アドレスでの体重配分
知らず知らずのうちに体重配分がつま先側に偏り過ぎてしまったりアドレスでの体重配分がかかと側に偏りすぎてしまったりしていませんか。初めてゴルフを教えてもらった時のあの時の基本をもう一度おさらいしてみてください。

いずれにしてもシャンクが出るようになったら趣味ゴルファーでも一人前。という気持ちでもう一度基本から原因を見つめなおしましょう。知らず知らずに身についてしまった悪い癖をもう一度見直すいい機会です。がんばりましょう。

シャンクについては
図解で解説された無料情報をお付けしておきますので補足で見ておこうという人は参考にして下さい。

シャンクをその場で一瞬にして撲滅する方法
シャンクは原因が分かってしまえば怖くありません。シャンクを出なくする方法を紹介します。


■安定したストレートボールを打つために体重移動を伴った体の回転を覚える練習用具

 ゴルフ スイング ホース
手打ちや上体だけで打ちにいこうとする人や左下半身のリードがない人は最後までホースを振り切れないので、自然にボディターンが身に付きます。クラブが寝て、ダウンスイングする人は、クラブが常に立つ感覚が分かり、インサイドインの正しい軌道のスイングプレーンが分かります。トップオブスイングでグリップエンドから降ろすイメージが掴めます。

パッティングについて

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。パッティングについて少し語らして頂きます。

ゴルフにおいて、スコアに直結するのが、パッティングです。グリーン上での30センチのパッティングもティーグランドからの280ヤードのドライバーも同じ一打です。上手い下手、関係なしに色々なタイプのゴルファーがいます。パッテイング・スタイルも十人十色と色々と違いが有ります。

しかし、パッテイングの上手なプレーヤーには、自分自身のフォームが完成されている部分が多いと言われています。パッティングは圧倒的に練習不足の人が大多数です。スコアにおいてもスコアの半分近くをパター数が占めている人はまず練習量を増やしてみてください。

パターは練習すれば必ずうまくなります。自分なりのフォームを作り上げましょう。基本的なフォームの部分は統一しておいた方がよい場合もありますが深く時間考えすぎないようにするほうがいいかもしれません。
パッティングに悩む方に多い要素は以下に挙げるものだそうです。
1. 方向性
2. 距離感
3. ライン

方向性については数をこなして自分の思う方向に転がせるフォームを作ることです。ラインについては経験とそれなりの勉強が必要です。距離感については闇雲に数をこなすだけでなく手の感覚に集中することが大切です。
2008y04m05d_235620750.jpg
距離感については手の感覚について上手く解説されている無料情報をお付けしておきますのでよければ参考にしてみて下さい。

無料レポート
ゴルフレポート 絶妙の距離感が手に入る 脱 3パット宣言!!
脱 3パット宣言!! この、方法で、ロングパットの距離感が 劇的に良くなった!! 誰にでも出来る、かんたん 練習法!!

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるゴルフ情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。

室内でもゴルフ感覚を養うには
練習器具特集

ゴルフでラウンドする際の基本的なマナー

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。

ゴルフはメンタルな面が非常に重要で、集中力がスコアを左右するスポーツです。ラウンドする際には自分自身の集中力を維持できるようにすることも大切です。しかし、一緒にまわっている人への配慮も重要なのです。ゴルフでラウンドする際の基本的なマナーについて少し解説したいと思います。

ゴルフは個人競技で団体競技ではありません。しかし一人でラウンドできません。必ず何人かでパーティを組んでラウンドを行います。友達同士なら マナーを特に意識しなくていいかもしれません。面白おかしく、時には茶化し合いながらのゴルフラウンドもいいかもしれません。

でもコンペでは 知らない人とパーティを組むことは日常茶飯事です。そんなとき マナーの知識と、マナーに沿った行動が必要になります。ちょっとした事で他の人に不快な気持ちを与えたり、迷惑をかけることもあります。周りが、あなたが初心者ゴルファーだと理解してくれていいればいいですがいつもそうとはかぎりません。

マナーとは 根本的には 人に迷惑をかけないようにすることです。
次にあげる項目は最低限注意しましょう。

■時間、決まり事の遵守。
■立ち位置等の配慮
■自分の役割

言われてみれば当たり前のことです。皆、良いスコアでまわりたいので必死な場合もあるでしょうし、その日の調子で自分のスコアが良くなくてイライラすることもあるでしょう。

しかし、皆、同じ条件で気持ちよくプレーできるように意識してみて下さい。それだけでもプレーが終わった時の満足感が味わえるはずです。

要は、楽しくやるのはいいのですが 同伴競技者や その時ゴルフ場にいる人々に不快な思いをさせるのはしてはいけないのでは、と思うのです。マナーに関する無料レポートがあるのでもし良かったら参考にしてみてください。
2008y03m26d_222505093.jpg
無料レポート
ゴルフ八分続出中!これだけはしてはいけない!ゴルフマナー七カ条
取引先・友人から 「また行こう!」って言われるためのマニュアルです。技術より先にマナーが必要です。最短 七カ条でまとめました。ぜひ読んでください。

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるゴルフ情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。

まずはリカバリーなどの小技を身につけましょう。

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。

今はそんなにドライバーで飛ばすことは出来ない。他人がドライバーで飛ばしていて少しうらやましく思うときもある人、そして自分もがんばろうとして調子を崩したりしていませんか?ちょっと待ってください。飛距離を求めるのはもう少し後にしませんか。

まずはリカバリーなどの小技を身につけましょう。趣味ゴルファーは飛距離なんて求めるのは最後でいいんです。方向性抜群!!距離感もバッチリのアプローチさえ物に出来れば、パーセーブ出来る可能性は格段にUPします。

2008y03m16d_112027578.jpg

基本的に最悪でもアプローチを3メートル以内に寄せれば、パーを拾うことが出来る可能性は高くなると言われています。ましてや、距離感も方向性もバッチリのアプローチが打てれば、パーをセーブすることが簡単になりますね。どんなにミスをしたとしても3メートル以内に寄せることができれば、気分的に非常に楽になります。

そんな小技を極めるゴルフ無料情報を見つけてきました。これでゴルフの小技をマスターして安定したスコアを手に入れましょう。

無料レポート
ゴルフ上達法 「小技を極める!」
あなたのゴルフを加速度的に上達させる、旬の情報をお見逃しなく!

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるゴルフ情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。 

2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。