2008y03m15d_235653562.jpg

クラブヘッドが走る感覚

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
クラブヘッドが走る感覚について少し語らして頂きます。

■クラブヘッドが走るとは
簡単に言えばヘッドが瞬間的に加速するような動きを感じる感覚とでもいいましょうか。もっと詳しくいうと、インパクトでの手首の返しによりインパクトの前後にヘッドが伸びやかに加速する感覚です。

■クラブヘッドが走る感覚とヘッドスピードの関係
ヘッドスピードを上げる要素はいくつかあります。クラブヘッドが走る感覚をつかんでいる人はインパクト付近でのヘッドスピードが最速になっているはずです。

飛ばすためには、ヘッドスピードが必要です。しかし闇雲に力を入れてもダメです。早く振ろうとしてヘッドスピードを上げようと必死になってもクラブヘッドが走っていなければボールは飛びません。逆に体全体でゆっくりしたタイミングでスイングできればインパクトでのクラブヘッドは走りヘッドスピードは自然と速くなります。

■クラブヘッドを走らせヘッドスピードをあげるコツとは
趣味ゴルファーのレベルの人でも簡単にできて割りと効果が高いといわれている方法はクラブを2本か3本まとめて持って素振りをする方法があります。この方法のメリットは特別なゴルフ器具を購入することなくすぐに始められる点です。

クラブを2本か3本まとめて持って素振りをする方法の期待できる効果はクラブを2本か3本まとめて持っているので手先で振ることができず体全体を使うスイングを覚えることが出来る。クラブの重みを利用するスイングを感覚でおぼえ自然に体重移動をマスター出来る点です。

■クラブヘッドが走る感覚の確認
クラブヘッドが走る感覚を確認するにはインパクト付近の風を切る音に注意してください。一般的にボールに最高の衝撃を加えられている状態のときは風を切る音がインパクト以降に鳴るといわれています。

早く振ろうとしてヘッドスピードを上げようと必死になってもクラブヘッドが走っていなければボールは飛びません。基本の動作はゴルフの飛距離アップにとても大切ですが、こういったクラブヘッドが走る感覚を常日頃から意識することも大切だと思います。ぜひ頑張ってください。

手打ちや上体だけで打ちにいこうとする人や左下半身のリードがない人は最後までホースを振り切れないので、自然にボディターンが身に付きます。クラブが寝て、ダウンスイングする人は、クラブが常に立つ感覚が分かり、インサイドインの正しい軌道のスイングプレーンが分かります。トップオブスイングでグリップエンドから降ろすイメージが掴めます。
この記事へのコメント
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/97710147

2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。