2008y03m15d_235653562.jpg

ダフリの原因と克服

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
ダフリの原因と克服について少し語らして頂きます。

前回の項目「トップとダフリについて」ではインパクトゾーンを中心にトップとダフリを考えてみました。今回はダフリの原因と克服について見ていきましょう。

■ダフリの原因
 □カットスイング
ダフリの大きな要因の一つはカットスイングです。カットスイングではインパクトのポイントは非常に狭くなります。

 □体重移動が上手くできていない
これはダウンスイングで重心が左に移っていない横の動きを指します。重心を左に移すにはまずバックスイングで右足に体重をのせることが重要です。インパクトで体重が右足に残っているとダフリの原因になります。

 □体が上下に動いてしまっている
初心者レベルのゴルファーの人に一番多い原因だといわれています。ダウンスイングで右肩が下がってしまうことが原因です。

■ダフリの克服には
 □カットスイングの克服
カットスイングの自覚がある方はボールの前後に三個分ぐらいのボールを並べたイメージでショットの練習をしましょう。これはインパクトのポイントを点ではなく線でとらえる目的の練習ですが自分で工夫して色々なアレンジで練習に取り組んでみてください。その際には、手首(特に右手)の角度をキープしたまま体を左方向へしっかり回すようにする事を心がけてください。

 □体重移動の練習
インパクトで体重が右足に残っているスイングを改善しましょう。このときに俗に言う「左の壁」の感覚を忘れないようにしてください。体重移動に関しては「シャンクについて」の項目を参照してください。

 □体が上下することの改善
スイングで体が上下するとスタンスした時の状態とは違う位置にヘッドが下りてきます。このときに右肩が突っ込みクラブがボールの手前に入ってしまうケースがほとんどです。これを改善するには身体を回転させるのではなく、左肩を後ろへ引くイメージでスイングすると割りと簡単に改善されることが多いようです。基本的にはバックスイングでは肩を水平に保つこと。ダウンスイングでも肩を水平に回すことを心掛ける事が重要です。

2008y05m20d_224943453.jpgゴルフは初心者も楽しめるスポーツです。
ゴルフを覚えたての頃はグリーンに上がっても緊張することなくワクワクしながらパットが打てていたのに、上手になるにつれて芝目や傾斜など余計な雑念に支配されてしまう奥の深いスポーツでもあります。
悩んでイライラするよりも壁に向かって頑張りましょう。一つの発見がまた新たなゴルフの魅力の発見になるはずです。

■安定したストレートボールを打つために体重移動を伴った体の回転を覚える練習用具
 ゴルフ スイング ホース
手打ちや上体だけで打ちにいこうとする人や左下半身のリードがない人は最後までホースを振り切れないので、自然にボディターンが身に付きます。クラブが寝て、ダウンスイングする人は、クラブが常に立つ感覚が分かり、インサイドインの正しい軌道のスイングプレーンが分かります。トップオブスイングでグリップエンドから降ろすイメージが掴めます。

この記事へのコメント
この記事へのトラックバック

2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。