2008y03m15d_235653562.jpg

トップとダフリの原因とは?

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
トップとダフリについて少し語らして頂きます。

アイアンでトップやダフリに悩む初心者は非常に多いです。アイアンでトップやダフリが多い人のほとんどはカットスイングが原因であることが多いです。トップやダフリの原因を把握するには、まず正しいインパクトのポイントを理解しましょう。

■インパクトゾーンとは
ゴルフにおけるインパクトゾーンとは一般的にクラブのヘッドが最速点に達する前後でそれはイコール、ボールの前後数センチという認識が多いようです。さらにここで重要なのがダウンスイングで一番最初にクラブが接するのは地面じゃなくボールでなければいけないのです。

これは前回の項目「ショートアイアンについて」でも触れました。安定した飛距離と方向性は、安定したインパクトゾーンを保つことから始まるとさえ言われることもあります。ぜひこれからはこのインパクトの瞬間を意識しながらスイングしてみてください。

2008y05m16d_224929937.jpg■インパクトゾーンでの体の動きのイメージ
インパクトゾーンでの体の動きのイメージは体の体重移動が右から左えと移り、左の肩に壁を感じるタイミングです。その際の右手は手首あたりで自然なターンが出来きていなければなりません。

■インパクトゾーンの重要性
ボールがフェースにあたる瞬間の時間はほんのわずかです。このインパクトのほんのわずかな瞬間が実は重要なのです。上手い人のインパクトのポイントは、身体の左側にあるといわれています。しかし初心者であるわれわれのインパクトのポイントは身体の正面であることが多いのです。もっというならインパクトを瞬間の「点」ではなく、軌道上の「線」でとらえることが出来れば最高です。

■正確なインパクトのポイント
先ほどボールを打ってから、地面にクラブが接する事が正しい順序といいましたが一般的におおい「トップ」や「ダフリ」の原因はインパクトポイントがズレていることからくることが多いです。正確なインパクトのポイントが身についている人はスライスの悩みも、ダフリやシャンクのミスヒットも飛距離不足もないと言われています。つまりゴルフの悩みの大部分が解決するのです。

これを考えればカットスイングのゴルファーが何故ダフリやすいのも説明できますね。カットスイングはその打ち方上インパクトゾーンが狭くなるのです。つまりインパクトポイントがズレやすいのです。練習では正しい理解と知識で練習のときにポイントを押さえながら効率よく練習しましょうね。

この記事へのコメント
この記事へのトラックバック

2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。