2008y03m15d_235653562.jpg

距離感をつかむ効果的な練習方法

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
アプローチについて少し語らして頂きます。

アプローチとパッティングについては一般的に初心者の方ほど練習不足だといわれています。アプローチの一打もパターの一打も、ティーショットでもドライバーと同じ一打です。とくにアプローチとパッティングはスコアメイクに欠かせない要素ですので時間と労力を惜しまないようにしたいものです。

今回はグリーン周りからのアプローチについて少し詳しく見ていきましょう。

■アプローチのフォームや打ち方
今回はアプローチのフォームや打ち方についてはあえて触れません。なぜなら、初心者レベルのゴルファーはアプローチのフォームや打ち方にあれこれ頭を悩ますよりもまずは感覚を養うことが重要だからです。

■一つのクラブを使いこなす方法
一つのクラブを使いこなす方法は色々あります。例えば、クラブの握る位置を変えてみるだけでも距離は変わってきます。これは打ち方を変えたり振り幅を変えたりしないでできる割と簡単な方法といわれています。自分にあったクラブで、アプローチならこの一本というものをまずは作ってみてください。

■距離感をつかむコツ
距離感をつかむコツはイメージを自分の中でつくる事です。当たり前のことですが意外と正確に出来ている人は少ないのではないでしょうか。ここでいうイメージとは漠然としたものではなく、どのくらいの高さにボールを上げればどれぐらい飛ぶのかというイメージです。

2008y05m13d_231312906.jpg■距離感をつかむ効果的な練習方法
距離感をつかむ効果的な練習方法は、先ほどの項目で述べたイメージに自分の感覚をすり合わせることを意識しながら練習することです。

目標に対してこのくらいの高さでボールを上げればちょうどいいというイメージをつくりそのイメージに対してこのくらいの感覚で打ち込めばイメージ通りの高さになる。という一連の動作を繰り返し練習するのです。そして目標地点にちゃんと落とすことができるかを毎回意識しながら確認するのです。

ただし、毎回違った距離の目標を設定しないとイメージと感覚をすり合わせる練習にならないので注意してくださいね。

100(80)ヤード以内のアプローチならAW?SW?、転がすなら8番?9番?色々悩んだ挙句にオーバーするのが怖くなってしまい結果はショートだった。なんて悔しいですもんね。アプローチでミスしては良いスコアは期待出来ません。なんて言われると余計にプレッシャーがかかってしまいますがアプローチは練習すれば必ず正確な距離感が身についてきますのであきらめず頑張りましょう。

MDT マルチアプローチギア MHG-991
アプローチが苦手な人の救世主


この記事へのコメント
はじめまして
私のブログにいらして頂いて有難うございました。
今後ともよろしくお願い致します。
じょじょりん
この記事へのトラックバック

2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。