2008y03m15d_235653562.jpg

もうひとつ上のバンカーショット

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
バンカーショットでの打ち分けについて少し語らして頂きます。

バンカーショット。
以前バンカーショットの練習の項目で少し解説させていただきました。今回はあなたのそのバンカーショットをもう少し進化させましょう。

「出すことで精一杯」,などという消極的な考え方ではなく意識をもって打てるようになりましょう。バンカーショットで意外と多いのが精神的な失敗例です。この場合は自分のSWバンカーショットの基本の距離感をつかめていない人が起こしやすいと言われています。解決法は、SWのフェースを大きく開き,フルスイングで打ってみる練習をしましょう。自分のイメージよりもにボールが飛ばないことに気づくはずです。

2008y04m24d_222120468.jpgバンカーショット
距離の打ち分けは,振りの大きさや強弱ではなく,ロフト角で調整する方が簡単です。まずは一定の量の砂を飛ばせるように練習してみましょう。バンカーショットは砂の抵抗を受けるから、インパクトの瞬間に力を入れて打とうと考えるのはそもそもの間違いです。確かに小さく弱く振ると砂の抵抗に負けてしまいボールは上手く出てくれませんが全体的に強く振る感じを心がけることが大切です。
ポイント
■砂を上に飛ばすように クラブを砂に入れて行く点
■左足体重は基本
■右足は打ち終わりには一歩踏み出す感じ
■アドレス時、左足かかと延長線上にボールが来る
■距離の打ち分けは,ロフト角で調整するほうがベター

バンカーショットはラウンドでの試練のひとつです。しかし最高のリカバリーが出来たときはその日一日、後味が良いものになることだってあります。趣味ゴルファーのレベルでも意識を持って練習すればきっと上達しますよ。頑張りましょう。

もうひとつ上のバンカーショットを打つためのケースイメージ
■バックスピンのかかった止めるバンカーショット
 ピンが近い
 下り傾斜
 グリーンが固くて速い

■転がして距離を出すバンカーショット
 ボールからピンまで距離がある
 ピンが奥にあってオーバーしたくない
 グリーンが受けている

もうひとつ上のバンカーショットを打つためのケースイメージについては図解で解説された無料情報をお付けしておきますので補足で見ておこうという人は参考にして下さい。

止まるバンカーショットと転がるバンカーショットを打ち分ける方法
出すだけのバンカーショットからピンに寄せるバンカーショットを目指しましょう。


関連リンク
ウェッジ
この記事へのコメント
ご訪問&コメ ありがとう。

これからも宜しくね。
らっこ
 ご訪問、有難うございます。
 今日も打ちっ放しへ行って来ました。
 練習すればするほど、悩んでしまいます。
ジャンボ33
この記事へのトラックバック

2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。