2008y03m15d_235653562.jpg

スイングの基本を考える

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。今回ドライバーとアイアンのスイングについて少し語らして頂きます。

これまで何回かこういった話を取り上げては解説していますが、基本的にアイアンとドライバーのスイングは同じです。厳密に言うとドライバーとアイアンはシャフトの長さも重さも特性も違いますのでまったく同じスイングを再現するということは難しいのが現実です。

■ドライバーの難しいのはなぜか
アイアンとドライバーの違いはボールをヒットするポイントだけです。アイアンはそこそこ得意な人でもドライバーはまったく安定せずにスコアにバラつきがある人も多いようです。

ゴルフのスイング(ブロー)には大きく分けて3種類程の分類があります。
・スイング中のクラブの最下点でボールをとらえる場合はレベルブロー
・スイング中のクラブの最下点を過ぎてボールをとらえる場合はアッパーブロー
・スイング中のクラブの最下点の手前でボールをとらえる場合はダウンブロー
となります。

上のインパクトポイントでドライバーのショットの一般的なスイングはアッパーブローと言われています。

アイアンとドライバーのスイング自体は同じですのでクラブの種類やボール位置などによってインパクト時のヘッドの入り方に変化をつけるのが一般的です。ドライバーの場合はアッパーブローに打つことで本来の飛距離とドライバーの性能をフルに使うことが出来るのでボールのセットアップの位置を変えるのです。左足側よりに、それも高くティーアップした所にボールを置いてあげるわけです。

ドライバーを苦手とする人はこの左側よりによったボールに身体全体がつっ込んでしまう事が一番の原因なのです。

■ドライバーの苦手意識の克服には
一番簡単に実践できて効果があるとされる方法は身体の正面にボールを置いたイメージでドライバーのスイングをすることです。具体的にはスタンスの中心に架空のボールを頭の中でイメージします。その架空のボールをショットする感覚でドライバーのスイングをすることです。これは先程解説させていただいた、左側よりによったボールに身体全体がつっ込んでしまう現象を改善することが狙いです。

ドライバーのスイング改善で一番危険な方法はやみくもに自己流で改善しようとすることなのです。手首をこねてボールをとらえにいっては変なクセが付くばかりです。

スライスになったかと思うと強烈なフックになったり、力のない浮き上がりボールが連発したかと思うとロフトが立ってゴロゴロボールになったり、症状は改善するどころかひどくなります。練習場で握力があるうちは手首でこねてもうまく飛ぶかもしれません。しかし、少し疲れてくるとドライバーの球筋が安定しない人も要注意です。

スコアメイクから考えるとドライバーよりもアプローチやパターの練習をするほうがずっと有効です。しかし、趣味ゴルフならばなおさら気持ちよくドライバーも打ちたいものですよね。頑張ってください。

この記事へのコメント
この記事へのトラックバック

2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。