2008y03m15d_235653562.jpg

ダウンブローの理解を深める

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。今回ドライバーのスイングについて少し語らして頂きます。

最近のスイングの基本は以下のように言われることが多くなっているようです。

・ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトする。
・アイアンショットは、ダウンブローにインパクトする。

これは初心者の人には間違った解釈を植えつける要因になっているとも言われています。

■ドライバーは本当の意味でアッパースイングが基本なのか
ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトするのが基本です。これは最近のドライバーの特性からもおそらくは正しい認識だと思います。

しかし、ここでいうアッパーブローとは俗に言うすくい上げるように打つことを意味しているのではないのです。本来、アッパーブローとはスイング中のクラブの最下点を過ぎてボールをとらえる動きを指しているのです。ドライバーはティーアップしたボールをアッパーブローにインパクトすることによって、ボールのバックスピン量を抑え飛距離を稼ぐことが、今の認識では正しいのは事実だと思いますが…。

■ドライバーはアッパーブローという固定観念
アイアンでのショットはそこそこ気持ちよく振る抜ける感じはつかめているが、ドライバーがいまいち自分のスイングで打てないという人はまず固定概念からの脱却が必要かもしれません。

近年の、ドライバーの大型ヘッド化と高いティーアップができるドライバーショットでは右足に体重を残したままアッパーブローで十分打てるようになりました。しかし、クラブが変わるたびにスイングを変えていて本当に自分の満足いくスイングができる人はどれくらいいるでしょうか?これはプロや超上級者でも容易ではないことでしょう。まずはボールをアッパー・ブローで打とうとする意識が強過ぎるために、ダウン・スイングでクラブヘッドが下がり過ぎてしまう様なダフリミスをなくすためにも意識を変えてみてはいかかでしょうか。

■スイングの基本はアイアンもドライバーも同じ
ゴルフ初心者の人はスイングの基本を固めることが先決です。アッパーブローという固定観念にとらわれずボール位置によって自然とインパクトポイントが変わり事が理想です。ドライバーならクラブの最下点を過ぎてボールをとらえる意識でスイングすることです。決してしたから無理にすくいあげることではありません。あくまで、最下点を過ぎた位置にボールをセッティングしているという概念でスイングしてみましょう。

全体的に抽象的な説明ばかりでしたが自分なりにイメージして練習することによって概念を具体化してみてください。

2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。