2008y03m15d_235653562.jpg

ダウンブローの基本を知る

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。今回はダウンブローについて少し語らして頂きます。

最近のスイングの基本は以下のように言われることが多くなっているようです。
・ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトする。
・アイアンショットは、ダウンブローにインパクトする。
これは初心者の人には間違った解釈を植えつける要因になっているとも言われています。

■スイングの基本知識を理解する
ゴルフの(ブロー)には大きく分けて3種類程の分類があります。
・スイング中のクラブの最下点でボールをとらえる場合はレベルブロー
・スイング中のクラブの最下点を過ぎてボールをとらえる場合はアッパーブロー
・スイング中のクラブの最下点の手前でボールをとらえる場合はダウンブロー
となります

これはクラブによって打ち方を変えることを解説しているのではなく、クラブのスイング中にどのポイントでボールをインパクトするかを説明しているのです。ゴルフ初心者の方の多くがダウンブロー、アッパーブロー、レベルブローという言葉に惑わされている場合が多いのです。

■クラブによって打ち方を変えるべきか
まず、ドライバーやアイアンでインパクトやスイングを変えることを語る前に大きな前提があります。ほとんどのゴルフ初心者は基本スイングが固まっていないことがあげられるのです。また、クラブによって打ち方を変えるといってもプロや超上級者の場合でもスイングやインパクト自体を変えているわけではないことを理解しましょう。ゴルフ初心者の基本的な練習ステップは基本に忠実にスイングを学び徐々に応用範囲を広げていくことが望ましいのです。

■基本スイングは変えないでインパクトに変化をつける
基本スイングが完全に固まっているプロや超上級者の場合でも、クラブの種類やボール位置などによってインパクト時のヘッドの入り方に変化をつけています。 もちろん人によっては、トップポジジョン、スタンス方向、フェース方向、フィニッシュなど様々なスイング要素をその時の判断で組み合わせることによりインパクト時のヘッドの入り方に変化をつけているのです。ここで重要なのは、基本スイング自体は変わらないことです。インパクトに変化をつけることにより結果的に打つ球種を変えているのです。

■初心者ゴルファーのダウンブローへの挑戦
初心者ゴルファーで一番多いスイングはすくい上げるように打つことです。これは大雑把にいえばアッパーに打つ動きと同じ傾向の動きといえます。しかし、ダウンブローのスイングでインパクトするという体の動きというのは大抵の人は練習によって習得するものなのです。直感的に出来る動きでもイメージのみでできるスイングでもありません。

まずは基本スイングをしっかりマスターすることです。それからダウンブローのインパクトの感覚を習得していくようにしましょう。
この記事へのコメント
こんばんわ!
こういうゴルフの記事見ると
したくなってきます
しばらくしてないんで
練習もしてないなぁ
ゴルフ中継とかはたまにみるんで
イメトレはバッチリなんですけど、、、
たんちゃん
私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 下手の横好き趣味のゴルフ . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。
search engine optimization
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。