2008y03m15d_235653562.jpg

スライスを克服するための基本知識

スライスの現象に悩むゴルファーは非常に多いです。特にゴルフに関して技術的な知識の少ない初心者が自己流でフォーム改善などをすると変な癖がついたりして大変です。

初心者がスライスを克服するためには基本的な事柄を再確認することが先決です。そしてスライスの原因別に効果的な練習方法をおこなうことが正しい順序です。基本的な知識を紹介しておきますのでスライス克服のヒントを見つけて下さい。

スライスの矯正に役立つグリップの知識

■スライスの原因は意外に基本的事項の間違いが多いのです。
グリップの重要性はあまり意識することは少ないのではないでしょうか?クラブを握る事は一番の基本です。しかし、間違った握り方が身についてしまってスイングしている人が意外と多いのです。正しいクラブの握り方というのは簡単な練習本で図解や写真で確認できます。

いまさらなのですが案外見落とすポイントです。グリップには形と角度の組み合わせで本当に多彩です。それぞれ個人の特徴を反映した組み合わせを選択できるようにおさらいしてみましょう。

形はオーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップ、ベースボールグリップ。
角度はウィークグリップ、ストロンググリップに分けられます。

グリップの握り方(形)
■オーバーラッピンググリップ
ゴルファーの中で最も多いといわれているグリップです。右手の小指を左手の人差し指と中指の間において握るスタイルです。これによって両手の一体感がでます。また左右均等の力配分をしやすい点がメリットです。ただし、うまく右手の力が伝えることができなければスライスが出やすく非力な人には不利になることがあります。

■インターロッキンググリップ
右手の小指を左手の人差し指と中指の間に入れてロックするように握るグリップです。両手の一体感が得られるやすいので両手で握っている感覚がつかみやすいのです。指を絡ませるので注意しないと指を痛めることがある点と両手の間隔が詰まりやすく手首がぐらつきやすい点がデメリットです。

■ベースボールグリップ
テンフィンガーとも呼ばれます。 右手と左手を絡めず、10本指で握るグリップです。ベースボールグリップは力が入りやすく、インパクトでも力が入れやすいとされています。デメリットは力の入れ具合によってヘッドの走りに直接影響してしまう点です。 プロや上級者であまり採用されていないのが現状ですが自分にあっていれば気にすることはないでしょう。

グリップの握り方(角度)
■ストロンググリップ
ストロンググリップで握るとクラブがインサイドに上がるので、フラットなスウィング軌道になります。親指の付根が右肩を差す様な握り方で、ドローやフックのボールが打ちやすいです。

■ウィークグリップ
ウィークグリップとは、左手を浅く握り、右手を深くかぶせて握る形です。右手の親指と人差し指にできるVの字が、自分のあごから左肩の間を指します。ウィークグリップで握ると方向性を良くすることができますがスライスも発生しやすいです。

■道具の進化とそれに適したグリップ
ゴルフの道具であるドライバーは進化してきました。パーシモンの時代からメタル、チタンへと改良と研究がされてきました。そしてシャフトもスチールからカーボンへと変化しました。

最新のクラブでは、ストロンググリップに握るのが主流のようです。理由は飛ばしやすいからというのが答えみたいですね。特にゴルフ初心者からアマチュアまでの方は手首をうまく使えいない場合が多いので、ボールを捕まえやすいストロンググリップが各方面で推奨されているようです。

スライスを克服するというこの項目の観点からやはりゴルフ初心者にはストロンググリップがいいのではないでしょうか?極端なウィークグリップはスライス発生の原因です。気づかないうちに身についてしまっていたら一度改善を試みてもいいでしょう。
この記事へのコメント
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/100866291

2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。