2008y03m15d_235653562.jpg

ダウンブローの理解を深める

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。今回ドライバーのスイングについて少し語らして頂きます。

最近のスイングの基本は以下のように言われることが多くなっているようです。

・ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトする。
・アイアンショットは、ダウンブローにインパクトする。

これは初心者の人には間違った解釈を植えつける要因になっているとも言われています。

■ドライバーは本当の意味でアッパースイングが基本なのか
ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトするのが基本です。これは最近のドライバーの特性からもおそらくは正しい認識だと思います。

しかし、ここでいうアッパーブローとは俗に言うすくい上げるように打つことを意味しているのではないのです。本来、アッパーブローとはスイング中のクラブの最下点を過ぎてボールをとらえる動きを指しているのです。ドライバーはティーアップしたボールをアッパーブローにインパクトすることによって、ボールのバックスピン量を抑え飛距離を稼ぐことが、今の認識では正しいのは事実だと思いますが…。

■ドライバーはアッパーブローという固定観念
アイアンでのショットはそこそこ気持ちよく振る抜ける感じはつかめているが、ドライバーがいまいち自分のスイングで打てないという人はまず固定概念からの脱却が必要かもしれません。

近年の、ドライバーの大型ヘッド化と高いティーアップができるドライバーショットでは右足に体重を残したままアッパーブローで十分打てるようになりました。しかし、クラブが変わるたびにスイングを変えていて本当に自分の満足いくスイングができる人はどれくらいいるでしょうか?これはプロや超上級者でも容易ではないことでしょう。まずはボールをアッパー・ブローで打とうとする意識が強過ぎるために、ダウン・スイングでクラブヘッドが下がり過ぎてしまう様なダフリミスをなくすためにも意識を変えてみてはいかかでしょうか。

■スイングの基本はアイアンもドライバーも同じ
ゴルフ初心者の人はスイングの基本を固めることが先決です。アッパーブローという固定観念にとらわれずボール位置によって自然とインパクトポイントが変わり事が理想です。ドライバーならクラブの最下点を過ぎてボールをとらえる意識でスイングすることです。決してしたから無理にすくいあげることではありません。あくまで、最下点を過ぎた位置にボールをセッティングしているという概念でスイングしてみましょう。

全体的に抽象的な説明ばかりでしたが自分なりにイメージして練習することによって概念を具体化してみてください。

どうせならバンカーショットを練習してリカバリーできるように頑張りましょう。

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
バンカーショットについて少し語らして頂きます。

初心者、趣味ゴルファーにとってバンカーは大敵です。なぜ、コースでそれまで調子が良くてもひとつのバンカーショットの失敗で大崩れしてしまったりするのでしょう?心理的なプレッシャーは普段バンカーショットなどをあまりしない人にとっては大きなモノなのでしょうか。

グリーンに少しでも近づけるために必死な初心者にとってバンカーをさけて寄せるなんて選択肢は自分の意思では選びにくいものです。どうせならバンカーショットを練習してリカバリーできるように頑張りましょう。

2008y04m04d_225819312.jpg

バンカーの基本は、オープンフェース、オープンスタンスです。
これはクラブを砂に深く入れすぎないために必要なことなのです。特にやわらかい砂のバンカーショットではこれは重要です。
また、足場が良くない場所でのバンカーショットではいつもよりもグリップは短めに握ったりする工夫が必要です。

バンカーショットの上達に必要な練習とは。
最も大切なことは クラブヘッドが 砂に入った時の感触を覚えることです。

砂のどこを叩けばボールが どのようにバンカーから出て行くか、もしくはクラブをどのような感じで振り込めばどんな感じでボールが飛ぶのかを感覚で覚えることだと思います。バンカーショットの基本については、他にも諸説はあります。例えば、オープンアドレス、カットスイング軌道、手首の返しポイントを早める、左足体重などがそうです。

色々と語れば沢山ありますが、一番よいのは実際にバンカーで練習することでしょう。ゴルフの打ちっぱなし場などでは無料でバンカーの練習場を開放してくれている所もありますし、小額の料金で長時間練習させてもらえる所もあるようです。まずは近くでそのような所を探して練習してみましょう。

なお、蛇足ですが、初心者にとって結構多いバンカーショットでのうっかりミスはクラブヘッドを砂にソールさせてしまう事です。これによるペナルティは2打ですので、クラブヘッドを浮かせてアドレスする必要があることを忘れないようにしましょうね。

今回もバンカーショットに関する無料情報を添付しておきますので気になる方はダウンロードしてみてください。

無料レポート
ゴルフレポート もう、バンカーなんか怖くない お風呂で出来る!! を一発で出すコツ
もう、バンカーなんか怖くない!! バンカーショットの技術を身につける為に、 なんと、お風呂で出来ちゃう練習方法を公開します。 これで、バンカーショットの仕組みが丸分かり!!

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるゴルフ情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。

ダウンブローの基本を知る

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。今回はダウンブローについて少し語らして頂きます。

最近のスイングの基本は以下のように言われることが多くなっているようです。
・ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトする。
・アイアンショットは、ダウンブローにインパクトする。
これは初心者の人には間違った解釈を植えつける要因になっているとも言われています。

■スイングの基本知識を理解する
ゴルフの(ブロー)には大きく分けて3種類程の分類があります。
・スイング中のクラブの最下点でボールをとらえる場合はレベルブロー
・スイング中のクラブの最下点を過ぎてボールをとらえる場合はアッパーブロー
・スイング中のクラブの最下点の手前でボールをとらえる場合はダウンブロー
となります

これはクラブによって打ち方を変えることを解説しているのではなく、クラブのスイング中にどのポイントでボールをインパクトするかを説明しているのです。ゴルフ初心者の方の多くがダウンブロー、アッパーブロー、レベルブローという言葉に惑わされている場合が多いのです。

■クラブによって打ち方を変えるべきか
まず、ドライバーやアイアンでインパクトやスイングを変えることを語る前に大きな前提があります。ほとんどのゴルフ初心者は基本スイングが固まっていないことがあげられるのです。また、クラブによって打ち方を変えるといってもプロや超上級者の場合でもスイングやインパクト自体を変えているわけではないことを理解しましょう。ゴルフ初心者の基本的な練習ステップは基本に忠実にスイングを学び徐々に応用範囲を広げていくことが望ましいのです。

■基本スイングは変えないでインパクトに変化をつける
基本スイングが完全に固まっているプロや超上級者の場合でも、クラブの種類やボール位置などによってインパクト時のヘッドの入り方に変化をつけています。 もちろん人によっては、トップポジジョン、スタンス方向、フェース方向、フィニッシュなど様々なスイング要素をその時の判断で組み合わせることによりインパクト時のヘッドの入り方に変化をつけているのです。ここで重要なのは、基本スイング自体は変わらないことです。インパクトに変化をつけることにより結果的に打つ球種を変えているのです。

■初心者ゴルファーのダウンブローへの挑戦
初心者ゴルファーで一番多いスイングはすくい上げるように打つことです。これは大雑把にいえばアッパーに打つ動きと同じ傾向の動きといえます。しかし、ダウンブローのスイングでインパクトするという体の動きというのは大抵の人は練習によって習得するものなのです。直感的に出来る動きでもイメージのみでできるスイングでもありません。

まずは基本スイングをしっかりマスターすることです。それからダウンブローのインパクトの感覚を習得していくようにしましょう。

スライスを克服するための基本知識

スライスの現象に悩むゴルファーは非常に多いです。特にゴルフに関して技術的な知識の少ない初心者が自己流でフォーム改善などをすると変な癖がついたりして大変です。

初心者がスライスを克服するためには基本的な事柄を再確認することが先決です。そしてスライスの原因別に効果的な練習方法をおこなうことが正しい順序です。基本的な知識を紹介しておきますのでスライス克服のヒントを見つけて下さい。

スライスの矯正に役立つグリップの知識

■スライスの原因は意外に基本的事項の間違いが多いのです。
グリップの重要性はあまり意識することは少ないのではないでしょうか?クラブを握る事は一番の基本です。しかし、間違った握り方が身についてしまってスイングしている人が意外と多いのです。正しいクラブの握り方というのは簡単な練習本で図解や写真で確認できます。

いまさらなのですが案外見落とすポイントです。グリップには形と角度の組み合わせで本当に多彩です。それぞれ個人の特徴を反映した組み合わせを選択できるようにおさらいしてみましょう。

形はオーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップ、ベースボールグリップ。
角度はウィークグリップ、ストロンググリップに分けられます。

グリップの握り方(形)
■オーバーラッピンググリップ
ゴルファーの中で最も多いといわれているグリップです。右手の小指を左手の人差し指と中指の間において握るスタイルです。これによって両手の一体感がでます。また左右均等の力配分をしやすい点がメリットです。ただし、うまく右手の力が伝えることができなければスライスが出やすく非力な人には不利になることがあります。

■インターロッキンググリップ
右手の小指を左手の人差し指と中指の間に入れてロックするように握るグリップです。両手の一体感が得られるやすいので両手で握っている感覚がつかみやすいのです。指を絡ませるので注意しないと指を痛めることがある点と両手の間隔が詰まりやすく手首がぐらつきやすい点がデメリットです。

■ベースボールグリップ
テンフィンガーとも呼ばれます。 右手と左手を絡めず、10本指で握るグリップです。ベースボールグリップは力が入りやすく、インパクトでも力が入れやすいとされています。デメリットは力の入れ具合によってヘッドの走りに直接影響してしまう点です。 プロや上級者であまり採用されていないのが現状ですが自分にあっていれば気にすることはないでしょう。

グリップの握り方(角度)
■ストロンググリップ
ストロンググリップで握るとクラブがインサイドに上がるので、フラットなスウィング軌道になります。親指の付根が右肩を差す様な握り方で、ドローやフックのボールが打ちやすいです。

■ウィークグリップ
ウィークグリップとは、左手を浅く握り、右手を深くかぶせて握る形です。右手の親指と人差し指にできるVの字が、自分のあごから左肩の間を指します。ウィークグリップで握ると方向性を良くすることができますがスライスも発生しやすいです。

■道具の進化とそれに適したグリップ
ゴルフの道具であるドライバーは進化してきました。パーシモンの時代からメタル、チタンへと改良と研究がされてきました。そしてシャフトもスチールからカーボンへと変化しました。

最新のクラブでは、ストロンググリップに握るのが主流のようです。理由は飛ばしやすいからというのが答えみたいですね。特にゴルフ初心者からアマチュアまでの方は手首をうまく使えいない場合が多いので、ボールを捕まえやすいストロンググリップが各方面で推奨されているようです。

スライスを克服するというこの項目の観点からやはりゴルフ初心者にはストロンググリップがいいのではないでしょうか?極端なウィークグリップはスライス発生の原因です。気づかないうちに身についてしまっていたら一度改善を試みてもいいでしょう。

クラブヘッドが走る感覚

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
クラブヘッドが走る感覚について少し語らして頂きます。

■クラブヘッドが走るとは
簡単に言えばヘッドが瞬間的に加速するような動きを感じる感覚とでもいいましょうか。もっと詳しくいうと、インパクトでの手首の返しによりインパクトの前後にヘッドが伸びやかに加速する感覚です。

■クラブヘッドが走る感覚とヘッドスピードの関係
ヘッドスピードを上げる要素はいくつかあります。クラブヘッドが走る感覚をつかんでいる人はインパクト付近でのヘッドスピードが最速になっているはずです。

飛ばすためには、ヘッドスピードが必要です。しかし闇雲に力を入れてもダメです。早く振ろうとしてヘッドスピードを上げようと必死になってもクラブヘッドが走っていなければボールは飛びません。逆に体全体でゆっくりしたタイミングでスイングできればインパクトでのクラブヘッドは走りヘッドスピードは自然と速くなります。

■クラブヘッドを走らせヘッドスピードをあげるコツとは
趣味ゴルファーのレベルの人でも簡単にできて割りと効果が高いといわれている方法はクラブを2本か3本まとめて持って素振りをする方法があります。この方法のメリットは特別なゴルフ器具を購入することなくすぐに始められる点です。

クラブを2本か3本まとめて持って素振りをする方法の期待できる効果はクラブを2本か3本まとめて持っているので手先で振ることができず体全体を使うスイングを覚えることが出来る。クラブの重みを利用するスイングを感覚でおぼえ自然に体重移動をマスター出来る点です。

■クラブヘッドが走る感覚の確認
クラブヘッドが走る感覚を確認するにはインパクト付近の風を切る音に注意してください。一般的にボールに最高の衝撃を加えられている状態のときは風を切る音がインパクト以降に鳴るといわれています。

早く振ろうとしてヘッドスピードを上げようと必死になってもクラブヘッドが走っていなければボールは飛びません。基本の動作はゴルフの飛距離アップにとても大切ですが、こういったクラブヘッドが走る感覚を常日頃から意識することも大切だと思います。ぜひ頑張ってください。

手打ちや上体だけで打ちにいこうとする人や左下半身のリードがない人は最後までホースを振り切れないので、自然にボディターンが身に付きます。クラブが寝て、ダウンスイングする人は、クラブが常に立つ感覚が分かり、インサイドインの正しい軌道のスイングプレーンが分かります。トップオブスイングでグリップエンドから降ろすイメージが掴めます。

ダフリの原因と克服

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
ダフリの原因と克服について少し語らして頂きます。

前回の項目「トップとダフリについて」ではインパクトゾーンを中心にトップとダフリを考えてみました。今回はダフリの原因と克服について見ていきましょう。

■ダフリの原因
 □カットスイング
ダフリの大きな要因の一つはカットスイングです。カットスイングではインパクトのポイントは非常に狭くなります。

 □体重移動が上手くできていない
これはダウンスイングで重心が左に移っていない横の動きを指します。重心を左に移すにはまずバックスイングで右足に体重をのせることが重要です。インパクトで体重が右足に残っているとダフリの原因になります。

 □体が上下に動いてしまっている
初心者レベルのゴルファーの人に一番多い原因だといわれています。ダウンスイングで右肩が下がってしまうことが原因です。

■ダフリの克服には
 □カットスイングの克服
カットスイングの自覚がある方はボールの前後に三個分ぐらいのボールを並べたイメージでショットの練習をしましょう。これはインパクトのポイントを点ではなく線でとらえる目的の練習ですが自分で工夫して色々なアレンジで練習に取り組んでみてください。その際には、手首(特に右手)の角度をキープしたまま体を左方向へしっかり回すようにする事を心がけてください。

 □体重移動の練習
インパクトで体重が右足に残っているスイングを改善しましょう。このときに俗に言う「左の壁」の感覚を忘れないようにしてください。体重移動に関しては「シャンクについて」の項目を参照してください。

 □体が上下することの改善
スイングで体が上下するとスタンスした時の状態とは違う位置にヘッドが下りてきます。このときに右肩が突っ込みクラブがボールの手前に入ってしまうケースがほとんどです。これを改善するには身体を回転させるのではなく、左肩を後ろへ引くイメージでスイングすると割りと簡単に改善されることが多いようです。基本的にはバックスイングでは肩を水平に保つこと。ダウンスイングでも肩を水平に回すことを心掛ける事が重要です。

2008y05m20d_224943453.jpgゴルフは初心者も楽しめるスポーツです。
ゴルフを覚えたての頃はグリーンに上がっても緊張することなくワクワクしながらパットが打てていたのに、上手になるにつれて芝目や傾斜など余計な雑念に支配されてしまう奥の深いスポーツでもあります。
悩んでイライラするよりも壁に向かって頑張りましょう。一つの発見がまた新たなゴルフの魅力の発見になるはずです。

■安定したストレートボールを打つために体重移動を伴った体の回転を覚える練習用具
 ゴルフ スイング ホース
手打ちや上体だけで打ちにいこうとする人や左下半身のリードがない人は最後までホースを振り切れないので、自然にボディターンが身に付きます。クラブが寝て、ダウンスイングする人は、クラブが常に立つ感覚が分かり、インサイドインの正しい軌道のスイングプレーンが分かります。トップオブスイングでグリップエンドから降ろすイメージが掴めます。

トップとダフリの原因とは?

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
トップとダフリについて少し語らして頂きます。

アイアンでトップやダフリに悩む初心者は非常に多いです。アイアンでトップやダフリが多い人のほとんどはカットスイングが原因であることが多いです。トップやダフリの原因を把握するには、まず正しいインパクトのポイントを理解しましょう。

■インパクトゾーンとは
ゴルフにおけるインパクトゾーンとは一般的にクラブのヘッドが最速点に達する前後でそれはイコール、ボールの前後数センチという認識が多いようです。さらにここで重要なのがダウンスイングで一番最初にクラブが接するのは地面じゃなくボールでなければいけないのです。

これは前回の項目「ショートアイアンについて」でも触れました。安定した飛距離と方向性は、安定したインパクトゾーンを保つことから始まるとさえ言われることもあります。ぜひこれからはこのインパクトの瞬間を意識しながらスイングしてみてください。

2008y05m16d_224929937.jpg■インパクトゾーンでの体の動きのイメージ
インパクトゾーンでの体の動きのイメージは体の体重移動が右から左えと移り、左の肩に壁を感じるタイミングです。その際の右手は手首あたりで自然なターンが出来きていなければなりません。

■インパクトゾーンの重要性
ボールがフェースにあたる瞬間の時間はほんのわずかです。このインパクトのほんのわずかな瞬間が実は重要なのです。上手い人のインパクトのポイントは、身体の左側にあるといわれています。しかし初心者であるわれわれのインパクトのポイントは身体の正面であることが多いのです。もっというならインパクトを瞬間の「点」ではなく、軌道上の「線」でとらえることが出来れば最高です。

■正確なインパクトのポイント
先ほどボールを打ってから、地面にクラブが接する事が正しい順序といいましたが一般的におおい「トップ」や「ダフリ」の原因はインパクトポイントがズレていることからくることが多いです。正確なインパクトのポイントが身についている人はスライスの悩みも、ダフリやシャンクのミスヒットも飛距離不足もないと言われています。つまりゴルフの悩みの大部分が解決するのです。

これを考えればカットスイングのゴルファーが何故ダフリやすいのも説明できますね。カットスイングはその打ち方上インパクトゾーンが狭くなるのです。つまりインパクトポイントがズレやすいのです。練習では正しい理解と知識で練習のときにポイントを押さえながら効率よく練習しましょうね。

ショートアイアンを得意の分野に

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
ショートアイアンについて少し語らして頂きます。

ショートアイアンとは、一般的には7,8,9番アイアンの事を指すようです。7番アイアンからウェッジまでの短いアイアンをまとめてショートアイアン言う場合もあります。グリーンを狙う番手ですが意外と苦手意識を持つ人が多いようです。

2008y05m15d_224605046.jpgアイアンショットの正確な打ち方をマスターできれば、ゴルフはもっと戦略的にプレーができるとも言われています。趣味ゴルファーのレベルでもホールごとに組み立てを考えながらプレーできるようにショートアイアンを自分の得意の分野にしてしまいましょう。

■ショートアイアンの特徴
ショートアイアンはクラブの長さが短いので振りやすいのと、ロフトが大きいので、ボールが上がりやすい。ロング・アイアンやミドル・アイアンよりもクラブヘッドの形が大きく丸くなっている。

■ショートアイアンの練習時の注意点
練習ではうまく出来ていても実際のラウンドでは思い通りにショット事が多いです。これはラウンド経験の少ない初心者の人に多いのですが芝の違いが大きな原因です。人工芝ではたとえ多少ダフリ気味にクラブが入ったとしてもソールが滑ってくれるからボールをとらえてくれます。

しかし自然の芝では多少のダフリが如実にショットにあらわれてしまいます。コースではダウンスイングで一番最初にクラブが接するのは地面じゃなくボールでなければいけないのです。

ショートアイアンはシャフトが短いため、縦に振るイメージが強くなりますので一番最初にクラブが接するポイントを意識しながら練習に取り組む事が効果的です。

■ショートアイアンのスイングの基本
ショートアイアンはもともと引っ掛け易いクラブだと言われていますので左手首の角度をスイング中にキープすることがポイントです。フォローでヘッドを外側に出すとフェースが急激に返って引っ掛けてしまいます。

割と初心者の方でも易しく実践できるのが手・腕・肩の三角形をくずさないスイングです。これはショートアイアンを正確に安定させる方法です。まずアドレスで出来ている手・腕・肩の三角形をくずさないように意識することです。

あくまでそういうイメージであるということですが、ヘッド真っ直ぐ後ろに引く感覚を持つ事と常にグリップと体が正面に保たれた感覚を身につけましょう。バックスイングからフィニッシュまで一連の流れの中でコレを意識してスイングの練習を行なうことがポイントです。


自然の芝では多少のダフリが如実にショットにあらわれてしまいますので自己採点でダフリの感覚を辛めに設定して効果的な練習をしましょうね。

関連ワード
アイアン
 

距離感をつかむ効果的な練習方法

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
アプローチについて少し語らして頂きます。

アプローチとパッティングについては一般的に初心者の方ほど練習不足だといわれています。アプローチの一打もパターの一打も、ティーショットでもドライバーと同じ一打です。とくにアプローチとパッティングはスコアメイクに欠かせない要素ですので時間と労力を惜しまないようにしたいものです。

今回はグリーン周りからのアプローチについて少し詳しく見ていきましょう。

■アプローチのフォームや打ち方
今回はアプローチのフォームや打ち方についてはあえて触れません。なぜなら、初心者レベルのゴルファーはアプローチのフォームや打ち方にあれこれ頭を悩ますよりもまずは感覚を養うことが重要だからです。

■一つのクラブを使いこなす方法
一つのクラブを使いこなす方法は色々あります。例えば、クラブの握る位置を変えてみるだけでも距離は変わってきます。これは打ち方を変えたり振り幅を変えたりしないでできる割と簡単な方法といわれています。自分にあったクラブで、アプローチならこの一本というものをまずは作ってみてください。

■距離感をつかむコツ
距離感をつかむコツはイメージを自分の中でつくる事です。当たり前のことですが意外と正確に出来ている人は少ないのではないでしょうか。ここでいうイメージとは漠然としたものではなく、どのくらいの高さにボールを上げればどれぐらい飛ぶのかというイメージです。

2008y05m13d_231312906.jpg■距離感をつかむ効果的な練習方法
距離感をつかむ効果的な練習方法は、先ほどの項目で述べたイメージに自分の感覚をすり合わせることを意識しながら練習することです。

目標に対してこのくらいの高さでボールを上げればちょうどいいというイメージをつくりそのイメージに対してこのくらいの感覚で打ち込めばイメージ通りの高さになる。という一連の動作を繰り返し練習するのです。そして目標地点にちゃんと落とすことができるかを毎回意識しながら確認するのです。

ただし、毎回違った距離の目標を設定しないとイメージと感覚をすり合わせる練習にならないので注意してくださいね。

100(80)ヤード以内のアプローチならAW?SW?、転がすなら8番?9番?色々悩んだ挙句にオーバーするのが怖くなってしまい結果はショートだった。なんて悔しいですもんね。アプローチでミスしては良いスコアは期待出来ません。なんて言われると余計にプレッシャーがかかってしまいますがアプローチは練習すれば必ず正確な距離感が身についてきますのであきらめず頑張りましょう。

MDT マルチアプローチギア MHG-991
アプローチが苦手な人の救世主


ダウンヒルが難しい原因はなぜ?

ゴルフ初心者、上手くなくても楽しいゴルフ。しかし上手くなるともっと楽しいゴルフ。
ダウンヒルについて少し語らして頂きます。

ラウンド慣れしていないゴルフ初心者はゴルフ場で「練習場では上手くいってたのに…」という気持ちでいっぱいになります。なぜでしょう?ゴルフ場では平らなライばかりではありません。ライがショットに与える影響を実感出来ていない事が原因のひとつではないでしょうか。
2008y05m11d_170922734.jpgこれは練習場ではなかなか練習できないことなのです。ちなみにライとはボールのある地点周辺の芝や地形の状況・状態のことです。ボールが止まっている位置や状態のことを指します。

この項目では趣味ゴルファーレベルの人が苦手とする事が多い左足下がりのライ、ダウンヒルからのショットについて詳しく見ていきましょう。

■ダウンヒル(下り傾斜)が難しい原因
斜面だからスイング中、体のバランスを取るのが難しい。
体重移動の感覚がわからない、体重が右足に残りやすい。
立ち方、ボールの位置の感覚がわからない。
この3点がダウンヒル(下り傾斜)が難しい原因とされています。

■ダウンヒルのショット
立ち方は、両膝、両肩の線が斜面と平行になるように立ちボールの位置は、斜面の傾斜が大きくなるほど右寄りになります。
ダウンヒルに限らずアップヒルの時もそうですが、傾斜に対してなるべく垂直に立ち、普通にスイングできる体勢を心がけることが基本でしょう。クラブを短く握り、コンパクトに振る事を心がけることも大切です。

■ダウンヒルの球筋
ダウンヒル(下り傾斜)の場合は、左足下がりのスタンスとなります。球筋は右回転が加わりスライスが出やすくなります。あらかじめ目標より左を狙うようにするのが基本のようです。

また下り傾斜の時は普段のロフト通りの球の高さがでないためボールが上がりにくくなりますので、ロフトよりもボールは低く飛ぶ事を忘れないようにしましょう。

■ダウンヒルのスイング
スタンスをオープンにして、傾斜の低いほうの左足に体重が多目にかかります。目標線に対してアウトサイド・インの軌道となってしまいますが、下り傾斜の場合は、低い球筋とスライスは、さけることができないと考えるほうが気は楽かもしれませんね。

また、両肩、腰、両ひざとも地面に対して平行に構える事を意識しましょう。スイングをして行く方向は、オープンスタンスに沿って自然に行なうことが基本です。さらにトップを防ぐためにバックスイングで早めにヘッドを上げますが、フォロースルーは低くなります。

ダウンヒルではバンカーの時と同じように慣れれば自分なりの感覚が必ず養うことができます。冒頭でも述べましたがラウンド慣れしていないゴルフ初心者はゴルフ場で「練習場では上手くいってたのに…」
という気持ちでいっぱいになります。ゴルフ場では平らなライばかりではないことを想定して練習に取り組んでみてください。

■安定したストレートボールを打つために体重移動を伴った体の回転を覚える練習用具
 ゴルフ スイング ホース
手打ちや上体だけで打ちにいこうとする人や左下半身のリードがない人は最後までホースを振り切れないので、自然にボディターンが身に付きます。クラブが寝て、ダウンスイングする人は、クラブが常に立つ感覚が分かり、インサイドインの正しい軌道のスイングプレーンが分かります。トップオブスイングでグリップエンドから降ろすイメージが掴めます。



2008y03m16d_000623234.jpg

スポンサーサイト

「下手の横好き趣味のゴルフ」を下のお気に入りボタンで登録できます。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。